お仏壇の選び方

北海道から九州までを網羅する全優仏は総店舗数120・総売上300億円・総社員1,500名・40直営工場に及び、共同仕入れにより「よりよい品をより安く」を実現しています。

お仏壇の選び方

お仏壇は、住宅などと同じように「一生に一回の買い物」と言われています。そんな大事な買い物を失敗しないようにするにはどうすればいいでしょうか・・・。
長く大事に使うものだから後悔だけはしたくない、けれどどうすれば良いのか分からない。電化製品の様にメーカーや型式がはっきりしてるものなら、カタログで性能などを比較して選ぶこともできますが、そうでないお仏壇の場合、数あるお店の無数のお仏壇の中からどのように選んだらよいのか…、頭を悩ますところです。
けれどそんなお仏壇選びでもポイントを絞り整理していけば、自分にピッタリのお仏壇を見つけることができます。ここではポイントごとにお仏壇の選び方をご紹介いたします。

供養のスタイルを決める

供養のスタイルは大きく2つの種類に分けることができます。1つは、宗派の教えをもとに供養する方法。2つめは自分たちの考えで供養する方法です。
お仏壇は正式な形になれば宗派によって形が決められています。例外もありますが、基本的に『真宗系』ならば『金箔のお仏壇』。『禅宗系』ならば『唐木のお仏壇』というように決められています。近年では宗派を選ばず自由に供養できるお仏壇も多くありますので、まずは自分たちのスタイルはどちらに近いか考えて下さい。

家具調仏壇

置く場所や宗派を選ばず自由にお好きなものを選択できるお仏壇として、家具調仏壇が最近注目されています。

無理のない場所選び

「お仏間」があれば高さ・幅奥行きを測り、お仏間に収まる大きさのお仏壇を選んでください。
「お仏間」が無い場合には安置する場所を決めなくてはなりません。これまでの生活を崩さず、お参りしやすい場所で、粗末にならないなら問題ありません。
専門店にて相談すればお仏壇を安置するノウハウを色々教えてくれます。御自宅の中でお参りしやすい場所を選ぶことが一番です。
またお仏壇を安置する場合について多く言われることが、「どっちの向きに安置すればよいのか…?」
これには諸説あって、西の果てに浄土があるから西向きにお手を合わすのが良いとも言われますが、現代の住宅事情では難しいので気にされなくてもよいでしょう。

上置式小型仏壇

上置式小型仏壇

置く場所がタンスや棚の上の場合、お仏壇は小型のものになります。

時直置式高台型仏壇

時直置式高台型仏壇

ご自宅に仏間がある場合。
半間・一間と大きさの種類があります。

仏間地袋式低台型仏壇

仏間地袋式低台型仏壇

物入れが下にある仏間がある場合。
半間・一間と大きさの種類があります。

仏壇のデザインを決める

お仏壇は伝統的な金仏壇から、様々な銘木から造りだされる唐木仏壇。宗派に関係なく自由に供養することができる家具調仏壇と大きく分けて3つに分けられます。ライフスタイルの中で無理のない大きさ、形であることが1番です。
次には、「お気に入りのお仏壇を選ぶ」ということです。好きというのは色々あるかと思います。「色が好き」、「デザインが好き」。そんな気持ちがお仏壇を長く大事に使っていただく際の1つのポイントになります。
大事に使うということはご先祖様を大事にしている事につながります。

ですから数あるお仏壇の中から自分だけの『お気に入り』を見つけて下さい。

唐木仏壇

唐木仏壇

金仏壇

金仏壇

家具調仏壇

家具調仏壇

ご新築の時は

お仏壇のサイズに合わせてお仏間を造りましょう。
お仏間を造った後にお仏壇を選ぶ場合、お仏間のサイズとご予算を両立できる商品は、200基に1基位の割合になると言われています。前もってお仏壇が決まっていれば、そのお仏壇のサイズに合わせてお仏間を造ってもらえます。

ご新築のときは

失敗しないお仏壇選びとは

失敗しないお仏壇選びに肝心なことは、きちんと説明をしてくれる仏壇店で購入することです。
お仏壇は30年、50年と永く大事にしていくものです。その年月の間には金箔が剥がれてしまったり、障子が破けたり、お仏壇が痛んでしまうことがあります。
そんな時しっかりとしたアフターフォローが受けられる仏壇店で購入しておけば安心です。でもそれはお店の外観からは分かりません。お仏壇店に直接訪れ、わからないことや疑問など、店員さんとじっくりお話してみてください。お仏壇の事に関して受け答えがちゃんとしている仏壇店であれば、保証も整っていることが多く、きちんとしたアフターフォローを受けられます。『失敗しないお仏壇選び』は、まず『お仏壇店に足を運ぶこと』から始まります。

愛ちゃんは全優仏の
キャラクターマークです

愛ちゃん